歯周病の痛みについて|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

歯周病の痛みについて

投稿日:2019年7月1日

カテゴリ:スタッフブログ

痛くなった時には重度⁉︎

歯周病は初期の場合、痛みが少なく、静かに静かに長い年月をかけて進行します。痛いと感じたり、違和感を感じた頃には歯周病が中度〜重度に進んでいることが多いです。

でばどのような痛みを感じたら歯周病といえるのか、何点かあげていきます。

歯茎から出血する

ハブラシをしていると出血する、プラスを通すと出血するなど、お口のお手入れ中に出血する場合は歯周病が進行していることが多いです。

磨き残しや歯石が残っていて、炎症があるため、歯石とりを行ってもらったり、自宅でのケアを丁寧にする必要があります。

その時、一時的に歯茎に痛みやむず痒さを感じることがあります。

腫れて痛い

歯周ポケットが深く鳴った時、そこまでハブラシが届かず、汚れが溜まるため、腫れて痛むことがあります。

その時点で処置してもらうと歯周病を食い止めることができますが、歯肉の腫れは数日で治ることが多く、そのまま放置してしまう傾向にあります。

痛みを感じてる時や腫れを感じる時に症状がすすんでいることがあるので、放置するのは危険です。

歯がぐらつく、噛めない

ここまで行くと、重度の歯周病と診断されます。

歯を支えている歯槽骨が壊され、グラグラ動く、そのため物が噛めず痛いという状態です。

 

ここまでくると抜歯になる確率が格段と上がります。

また、歯周病はお口の中の一つの空間で進んでいくため、一本といわず、多数の歯が歯周病になっていることが多く、多数の歯を失う原因となります。

 

定期検診が大事!

基本的に検診で行う歯周ポケット検査により、初期で発見することができます。

重度になる方は、歯医者さんに行くのを躊躇い、長い間検診を受けていない方がほとんどです。

定期的に検査を受け、歯周病を予防していきましょう。

トップへ戻る