口内マッサージ・クリーニング|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

口内マッサージ・クリーニング

歯のクリーニングと一緒にリラックスマッサージはいかがですか?

歯のクリーニング

銀座6丁目のぶデジタル歯科では、一般的な歯のクリーニング(PMTC)に加え、歯肉、舌、リンパのマッサージ(デンタルマッサージ)を行っております。歯のクリーニングで歯石や汚れを落とすだけでなく、マッサージによって内面からもお口全体の活性が期待できます。

口内マッサージで至福の時を・・・

口内マッサージ

口の周りには、沢山の筋肉が存在しており、ものを食べたり、言葉をしゃべったりする際にその働きを助けています。ですから、気づかないうちに筋肉が凝り固まったいることも珍しくありません。特に、歯ぎしりや噛みしめるクセがある場合は、筋肉の緊張が高まり、凝りも悪化します。その結果、かみ合わせの悪化を引き起こすこともあるため、適度にマッサージすることが必要です。当医院では、以下の3つのマッサージを行っております。

歯肉マッサージ

歯肉マッサージ不規則な生活を送っていたり、喫煙習慣があったりすると、歯肉の血行が悪くなっています。すると、免疫力が低下し、歯周病にかかりやすくなってしまうため要注意です。そこで歯肉マッサージを行うことで、悪くなった血行を回復させ、歯肉全体に酸素や栄養素が行き届くようにします。

舌マッサージ

舌マッサージ舌の運動は、咀嚼した食べ物を喉の奥へと送り込む機能も担っています。それだけに、舌の筋肉が衰えると、摂食嚥下障害のリスクが上昇します。そこで、舌マッサージを行うことで、舌の機能を正常に保ち、摂食嚥下障害を予防します。舌マッサージでは唾液分泌も促進されるため、虫歯や歯周病予防にも寄与します。

リンパマッサージ

リンパマッサージお顔や首周りのリンパをマッサージすることで、リンパの流れが良くなり、筋肉にの緊張がほぐれます。また、顔のむくみもとれ、口を開けやすくなったり、唾液が分泌されやすくなったりします。その結果、細菌への抵抗力が高まりますので、虫歯や歯周病予防につながります。

担当歯科衛生士との二人三脚

歯科衛生士

歯科衛生士は、歯科医師と同じく国家資格の保持者で、予防処置のスペシャリストでもあります。そんな歯科衛生士を患者さま専属でお付けするのが当医院の担当歯科衛生士制です。患者さまと二人三脚で予防処置を行っていきます。

2種類のスケーラーを使い分けた精密な歯石除去

2種類のスケーラー

歯石を除去する器具であるスケーラーには、2つの種類があります。超音波で汚れを除去するものと、手動でガリガリと歯石などを取り除くものの2つです。それぞれには異なるメリット・デメリットがありますので、汚れの除去を徹底するとなると、その2つを適宜使い分ける必要がでてきます。当医院では、そうした手間と時間のかかる方法で、汚れを除去するスケーリングを実施しております。以下に、2つのスケーラーの特徴をご紹介します。

超音波スケーラー

超音波スケーラー

超音波を歯面に当てることで、広範囲におよぶ歯垢や歯石などを除去します。電気で動きます。

手用スケーラー

手動ハンドスケーラー

手で操作するスケーラーで、細かい部分までキレイに汚れを除去できます。手間と時間はかかりますが、丁寧なスケーリングが可能となります。

黄ばみは歯のクリーニングで解消

歯の定期クリーニング私たちの歯は、日々たくさんの刺激に晒されています。とくに食物からの刺激が強く、着色性の強い物質は、徐々に歯面へと沈着していくのです。そうして生じるのが歯の黄ばみです。予防歯科では、PMTCと呼ばれる歯のクリーニングで、歯垢や歯石を除去するとともに、黄ばみなどの着色も取り除きます。その結果、歯が持つ本来の白さを回復させることができます。同時にそれは、歯が清潔に保たれている証拠でもありますので、虫歯や歯周予防にもつながるのです。

生活習慣までカウンセリングする定期検診

定期検診

歯医者は痛みや腫れなどの症状が現れてから通うもの、というイメージをお持ちの方も多いですが、痛くない時に通うことで沢山のメリットが得られます。そこで銀座6丁目のぶデジタル歯科では定期検診を推奨しております。PMTCやフッ素塗布などの予防処置はもちろんのこと、生活習慣にひそむ病因までカウンセリングさせて頂くことで、虫歯や歯周病を根本から予防させて頂きます。

歯磨きだけでは虫歯予防は不十分?

歯磨きだけでは不完全

毎日歯を磨くことは、虫歯や歯周病を予防する上で欠かすことのできない習慣です。けれども、歯の表面にはバイオフィルムという、ブラッシングだけでは除去できない汚れがあるため、プロフェッショナルが必要となります。

予防歯科受診の有無で生じる生涯治療費の差

定期的に通院

痛いときだけ通院

(出典:日吉歯科診療所調べ)

この画像は、歯科医院での予防処置を受けていた人と受けていなかった人を治療費や治療内容の点から比較したものです。80歳までにかかった生涯治療費に関しては、300万円という大きな差が生じています。また、予防処置を怠った人は、歯そのものを50歳代で失っているのがポイントです。このように、予防歯科受診の有無で、生涯治療費にはこれほど大きな差が生じるのです。

健康に関する後悔第1位は歯の定期検診

歯の後悔

(出典:雑誌PRESIDENT(㈱プレジデント社調べ)

高齢になると、体にさまざまな異常が現れてきます。その際「若い頃にあれをしておけば良かった」と後悔の念にかられる方がほとんどです。55~74歳の方たちへの上記アンケートでは、様々な後悔が寄せられています。中でも注目は70歳以上の方の回答で、第1位が「歯の定期検診を受ければ良かった」となっている点です。やはり、歯科治療に関する後悔というのは、数十年後には必ずといってよいほど訪れるものなのです。

東京中央区銀座で予防に力を入れている歯科

予防歯科

このように、当医院では予防処置に力を入れており、東京中央区銀座以外からも多数の患者さまにご来院頂いております。東京中央区銀座できめの細かい予防歯科治療をお望みなら、ぜひ銀座6丁目のぶデジタル歯科までご来院ください。

トップへ戻る