マイクロスコープ精密治療|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

マイクロスコープ精密治療

20倍の拡大視野下での精密治療!マイクロスコープ精密治療が評判です

精密治療

銀座6丁目のぶデジタル歯科では、治療の際にマイクロスコープを活用しております。肉眼の20倍にまで視野が拡大されるため、よりきれいに、より正確な歯科治療を実現できます。そんな精密治療をご希望であれば、銀座6丁目のぶデジタル歯科までご相談ください。

マイクロスコープってなに?

マイクロスコープとは当医院が導入しているマイクロスコープとは、歯科用顕微鏡のことで、視野を肉眼の20倍にまで拡大可能です。虫歯治療はもちろんのこと、肉眼では見ることができない根管内の状態まで、詳しく把握することができます。歯や根管の精緻な構造まで視認できるからこそ、精度が高い治療が可能となります。そんな歯科用マイクロスコープは、今現在、歯科業界で最も注目されている医療機器ですが、普及率はわずか10%となっております。

マイクロスコープではこう見える

歯科マイクロスコープの世界

こちらの画像は、術野を肉眼で見た場合とマイクロスコープを介して見た場合との比較です。その差は、歴然としています。これだけ見えるものが違うと、自ずと治療の質も大きく変わることは容易にご想像できるかと思います。患者様の大切な歯を守る上では、これほど心強い医療機器は他にございません。

「見えるものしか治療できない」のが歯科治療

歯の根の治療(歯内療法)で最も進んだ教育機関であるペンシルバニア大学歯内療法学科のSyngcuk KIM教授の言葉です。人間の裸眼における識別域はおよそ0.2mmが限界と言われておりますが、歯科においてはより小さな範囲を識別して治療を行う必要があります。つまり拡大視野下では肉眼と比べ、より精密で正確な「診断」が可能になり、それに対し確実で低侵襲な「治療」を行うことができるのです。当院では、肉眼では限界がある歯科診療において、歯科マイクロスコープ(歯科顕微鏡)や拡大鏡を使用し、より精密に取り組んでおります。

マイクロスコープの効果を動画でご紹介

ここでは、サージテル社が作成した「拡大視野における歯科治療の重要性」という動画をご紹介いたします。マイクロスコープの活用で、どれだけ治療効果が上がるのかをご確認ください。

マイクロスコープなら低侵襲な治療が可能

歯質切削量を最小限に抑える

「削る」の最小限化

虫歯治療において、歯質切削量を最小限に抑えるためのポイントは、病変部と健全歯質との境目を正確に見極めることです。マイクロスコープではそれが可能となります。

できるだけ抜歯は行わない

「抜く」の最小限化

マイクロスコープがその力を最大限に発揮するのが根管治療です。抜歯の要否を決める最後の砦ともなる治療ですので、精密な処置が求められます。再発リスク、抜歯リスクを激減させ、さらに抜歯回避にもつながります。

マイクロスコープを導入するメリット

マイクロスコープの導入率は5%以下

マイクロスコープの導入率

日本には今現在、歯科医院が7万軒ほど開業しています。その数は実に、コンビニエンスストアの約2倍です。そんな中でも、精密治療に有用な歯科用マイクロスコープを導入している歯科医院は、わずか5%以下となっています。つまり、歯科医院20軒のうち、1軒が導入しているかどうか、というのが現状です。ですので、東京中央区銀座でもマイクロスコープを導入している歯科医院はそれほど多くはありません。その一方で、歯科用マイクロスコープによる精密治療を希望される患者さまは急増しています。当院では、そんな患者さまのご要望にお応えできる体制を整えておりますので、興味のある方は是非一度ご相談ください。

東京中央区銀座で精密治療をご希望なら銀座6丁目のぶデジタル歯科

精密治療

銀座6丁目のぶデジタル歯科では、マイクロスコープを活用した精密治療を実施しております。歯質削除量を最小限に抑え、抜歯のリスクを回避するだけでなく、歯の寿命そのものを延ばすことへとつながる歯科治療です。そんな高度な精密治療をご希望であれば東京中央区銀座の銀座6丁目のぶデジタル歯科までご相談ください。

トップへ戻る