根管治療のよくある質問|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

根管治療のよくある質問

根管治療のよくある質問

根管治療とは?

歯の中心には神経や血管があり、その通り道を根管と呼びます。虫歯がひどくなると虫歯菌はどんどん歯を溶かしてやがて根管にまで到達します。そうなると根の治療が必要になります。根管治療とは、根管の内側を無菌化してこれ以上虫歯が悪化しないようにするために重要な治療です。

根の治療はなんでこんなに時間も回数もかかるのですか?

症状がなくなれば問題なく最終のお薬を詰めて終わりにできますが、痛みや炎症が残っている状態で被せてしまうと再発する可能性があります。中の状態が良くなるまで続けていただくことをお願いしております。

ラバーダム治療とはなんですか?

根管治療は細菌除去が大切で他組織と隔離した状態で行う必要があります。例えば根管に0.01mの唾液が入るだけで失敗します。根管と歯周辺組織とを隔離するためのシート(ラバーダム)で覆い治療します。

仮の歯、ふたが取れてしまうのだけれどなんでそんなに簡単に取れるのですか?

仮付けのものなので、最終的な被せ物をする時に簡単に取れなければいけません。ですので外れやすいようになっております。

トップへ戻る