院内感染防止対策|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

院内感染防止対策

先端機器を活用した高水準の感染防止策

感染防止策

以前に、歯科用ドリルを使い回して診療を行っている歯科医院が報道されました。これをきっかけに、歯科診療に対する不安の念を強めた患者さまも少なくないかと思います。そこで、当医院における、先端機器を活用した高水準の感染防止策をご紹介し、安心して頂けたら幸いです。

歯科用ドリルは専用の滅菌器で処理

DACユニバーサル銀座6丁目のぶデジタル歯科では、歯を削るためのドリル専用の滅菌器を導入しております。DACユニバーサルという装置で、非常に高い滅菌効果が期待できるため、感染対策は万全です。歯科用ドリルは、虫歯などの病変部に直接触れる器具ですので、使い回すことは絶対に許されません。一般歯科においては、比較的管理が緩みがちな歯科用ドリルを毎回、使用後は徹底的に滅菌しておりますので、安心して診療を受けてください。

診療に使う水は全て除菌効果の高いオゾン水

オゾン水歯科の診療においては、あらゆる場所で水が使われます。患者さまの口腔内を洗浄する水に始まり、うがい、手洗い、エアタービンから噴射する水など、その用途は実に様々です。いずれにせよ、これらの水は患者さまの体に触れることが前提となっておりますので、清潔に保つ必要があります。

そこで当医院では、診療に使う水は全て除菌効果の高いオゾン水を活用しております。オゾン水生成装置『ピュアトロン』によって、塩素の7倍の除菌力を発揮するオゾン水を作り出し、院内設備に供給しています。その結果、歯科医院の長い吸水配管を通る水も、汚染されることなく患者さまのお口までお届けすることが可能となっております。

診療台の水は汚染されている?

診療台の水患者さまが診療台でうがいをする水や治療器具から噴射される水は、同一の給水配管から供給されています。このアニメーションは、その吸水配管をクリーニングした際に出てきた水です。一見すると透明に見える水も、このような汚染された吸水配管を経由しているわけですから、実際は細菌などが数多く含まれているのです。※このアニメーションは事実です。

再感染リスクを低減する、除菌が塩素の7倍の水

どんなに精密な治療を施しても、口腔内に触れる水が汚染されていたら元も子もありません。再感染のリスクが高まるだけでなく、新たな疾患を引き起こす原因にもなります。そんな馬鹿げた院内感染を防止するために、当医院では除菌力が塩素の7倍のイオン水を活用しております。とりわけ、細菌が原因で完治させるのが困難な重度の歯周病では、イオン水による診療が非常に有用です。

その他の衛生管理方法

ヨーロッパクラスの滅菌方法

滅菌処理

当医院の滅菌器は、ヨーロッパのクラスBという世界的にも最も厳しい基準を満たした製品です。歯科用ピンセットやミラー、バキュームチップなど、使い捨てではない器具については、最高水準の滅菌器にかけることで無菌状態を維持します。滅菌の内部は高温、高圧状態が保たれ、細菌やウイルスの完全除去が可能です。

麻酔器材の滅菌も徹底

麻酔器材

局所麻酔などに使う麻酔器具は、カートリッジを挿入する注射筒に関しては使い捨てるわけにはいきません。そこで当院では、注射筒を多数用意し、使用後には1本1本を滅菌器にかけて無菌化することに努めています。注射針とカートリッジは使い捨てですので、常に無菌状態です。

毎回滅菌済みのドリルを使用

ドリル

歯科医院によっては、歯を削るためのドリルを使い回している場合もありますが、当医院では絶対に行いません。使い終わったら毎回取り外し、専用の滅菌器にかけることで無菌状態にします。

滅菌済みハンドピースは20本以上常備

ハンドピース

銀座6丁目のぶデジタル歯科では、滅菌済みのハンドピースを常時20本以上ご用意しております。患者さまが集中してたくさんご来院頂いた際も、無理なく対応できるよう体制を整えています。使用後は必ず滅菌器にかけて、感染源を取り除きます。ちなみに、一般的な歯科医院では、20以下の場合が多く、東京中央区銀座の中でもかなり備えが良い歯科医院といえます。

ディスポーザブル品を積極的に活用

ディスポーザブル品

院内感染の防止を考えると、診療に使う道具については、出来る限りディスポーザブル品を活用することが望ましいです。そのため当医院では、グローブやうがいカップ、それから滅菌ガウンなどを使い捨て品にすることで、院内感染のリスクを可能な限り引き下げます。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

歯科治療中には、目に見えない様々な病原性物質が飛散していることがあります。歯を削った際の歯質切削片や唾液などは、意外なほど遠くまで飛散します。そこで当医院では、口腔外バキュームを設置することで、診療室の空気汚染を防止しております。

診療室には医療用空気清浄機を設置

医療用空気清浄機

当医院の診療室内には、医療用空気清浄機が設置されていますので、外から持ち込まれたウイルスや細菌なども排除するよう努めています。その結果、患者さま同士の空気感染を未然に防ぐことに寄与します。

院内の清掃活動はスタッフ全員で毎日行う

清掃活動当然のことですが、医療を提供する歯科医院内は清潔でなければいけません。

当医院ではすべてのスタッフが参加して、毎朝診療前に院内清掃を実施しております。

東京中央区銀座で衛生管理が行き届いた歯科なら銀座6丁目のぶデジタル歯科

衛生管理体制が行き届いた医院

医療を提供する歯科医院において、衛生管理や滅菌管理の徹底は、何よりも優先して行うべきことですので、当医院では、接触感染から空気感染に至るまで、あらゆる感染防止対策を整えています。そんな衛生管理が行き届いた歯科を東京中央区銀座でお探しなら、銀座6丁目のぶデジタル歯科までご連絡ください。

トップへ戻る