インプラント(専門医)|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

インプラント(専門医)

このページの目次

銀座6丁目のぶデジタル歯科式精密インプラントが選ばれる7つの理由

インプラント

日本でも急速にインプラント治療が普及して参りました。これは大変喜ばしいことではありますが、同時に質の悪いインプラント治療が増えてきているのも事実です。特にインプラントオペの失敗やインプラント体の早期脱落は、歯科医師としてできる限り避けなければならないトラブルです。そこで銀座6丁目のぶデジタル歯科では、東京中央区銀座でもトップレベルのインプラント治療を提供するために、以下に挙げる7つの根拠に基づいた治療を実施しております。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯を失った際に適用される補綴治療で、顎の骨に純チタンで作製された人工歯根を埋め込む外科処置です。手術自体は20分程度で終了するため、それほど大掛かりな処置ではありません。とはいえ、非常に高度な技術を要する処置となりますので、歯科医の技術レベルが治療の結果を大きく左右する難しい治療であることは間違いありません。

① 相談・CT診断0円!費用は28万円~41万円(税別10年補償込)

低価格のインプラント治療

当医院には、東京港区から毎日インプラント治療のご相談やセカンドオピニオンを求めて、患者さまがいらっしゃいます。当医院がなぜ、低価格のインプラント治療を提供できるかは、このページの最後までご覧ください。

当医院がご提供するのが「治療の質と安全性を兼ね備えたインプラント治療」であることは、以下の詳しい解説をご覧になれば、ご理解いただけるかと思います。

インプラントのカウンセリング・CT撮影は無料で実施

CT撮影は無料一般的に、インプラントのCT撮影には数万円の費用がかかります。これはまだインプラント治療を開始するかどうかを決めていない患者さまにとっては、非常に大きな負担となります。そこで医院では、インプラントの初診料、カウンセリング料、CT撮影費をすべて無料で実施しております。そうすることで、患者さまの経済的負担を軽減するだけでなく、早期に顎骨の状態を把握することで、将来的な健康にも直結していくからです。歯が抜けた状態を放置すると、顎の骨はどんどん吸収されてしまいますので、早い時期に相談だけでもして頂けたら幸いです。

治療費は白い被せもの込み28~41万円(税別10年補償込み)

治療費当医院では、2種類のインプラントをご用意しております。1つはジェネリックタイプのインプラントで、オペ代(3万円)と白い被せものも込みで1本28万円(2本目以降は25万円)という低価格でご提供しております。。もう1つはブランドタイプ(世界最大手のストローマン、ノーベルバイオケア社インプラント)のインプラントで、1本41万円(2本目以降は39万円)となっております。(すべて税別、オペ代は何本のオペでも一律1回3万円)いずれも10年補償込みですのでどうぞご安心ください。

10年間の無料補償がついたインプラント

銀座6丁目のぶデジタル歯科では、インプラントに10年間の無料補償を付けさせて頂いております。ただ、当医院の定める規約(メンテナンス(歯科検診、歯のクリーニング等)を受けること、歯をぶつけたなど、自己責任の範囲内によるインプラント体脱落などは除くなどの規約)を満たす場合に限りますのでご注意ください。

② 世界屈指の米国インプラント学会所属の認定専門医が担当します

認定専門医

昨今、インプラント治療に関する学会が増え、それらに所属する歯科医師の数も急増しております。当医院では、その中でも世界最高峰のインプラント学会といわれている『AAID(米国口腔インプラント学会)』の認定医が治療を担当します。インプラント治療は、歯科医師の技術レベルが最も重要な要素となりますので、患者さまも安心してオペを受けて頂くことができます。

インプラントの専門家が無料相談に応じます

銀座6丁目のぶデジタル歯科では、インプラント治療の相談を無料で受け付けております。「インプラントってなに?」という初歩的な疑問から、他院で診断を受けたあとのセカンドオピニオンまで、あらゆる患者さまのインプラント相談に応じます。しかも、相談に応じるのはインプラントの専門家であるAAIDの認定医です。そんな有益な無料相談をご希望ならぜひ当院までご連絡ください。

③ 眠っている間にインプラント~麻酔科専門医との連携~

麻酔科専門医

『インプラント治療を受けたいのだけれど、痛そうだし、骨に穴をあけるのが怖い!』という方にオススメしたいのが、麻酔科専門医との連携によって実現した、眠っている間にインプラント治療が終わる睡眠時インプラント治療です。

全身麻酔下でのオペ

全身麻酔銀座6丁目のぶデジタル歯科では、病院の手術時に行われる全身麻酔下でインプラント治療が行える体制を整えております。全身麻酔は麻酔科の専門医によって院内で行われます。まさに、寝て起きたらすべて終わっているという具合です。全身麻酔が切れたあとは院内で数時間お休みいただき、タクシーかお迎えによって帰宅していただきます。

静脈内鎮静によるオペ

静脈内鎮静静脈内鎮静法とは、半分眠ったような状態でインプラントオペを受けることができる処置法です。点滴と同じ要領で、静脈から鎮静剤を投与します。点滴に抵抗のない人であれば、不安なども感じる必要もございませんのでご安心ください。オペ後はすぐに覚醒状態となりますが、車の運転は避けるようにしてください。

④ 医療ミスを防ぐためのインプラント治療補助システム

インプラント治療補助システム

インプラント治療においては、精密な診断と正確な手術が重要となります。これらは歯科医師の技術だけでカバーできることではございませんので、コンピューターを活用することになります。当医院では、以下に挙げるような機器やツールを用いてインプラント治療の精度を高めます。

① 歯科用CTによる精密検査

歯科用CT

歯科用CTを活用することで、事前の診断を精密に行い、コンピューターシミュレーションに基づいた精度の高いオペが可能となります。顎の状態を3次元的に把握し、血管や神経の位置を確認します。

② サージカルガイドの活用

サージカルガイド

当院のインプラントオペでは、CTスキャンによって得たデータを使用して、最適なインプラントの埋入角度、深さをシミュレートします。それを元に、サージカルガイド(ストローマン社製)を作製します。

③ 全身状態のモニタリング

モニタリング

インプラントオペ中は、患者さまの血圧、酸素飽和度、脈拍、心電図等の全身状態を常時モニタリングして、全身管理を徹底します。

内科医との連携

内科医インプラントオペは、比較的侵襲性の高い歯科治療ですので、内科医との連携も重要です。肺のレントゲン、血液検査、骨粗鬆症の検査などは歯科医院で行うことが難しいため、内科にお願いすることとなります。これは患者さまに安全なインプラントオペを受けて頂く上で、非常に重要な連携であるといえます。ちなみに、検査等をお願いするのは近隣の内科です。

⑤ 骨量が足りない場合には骨造成法にも対応

インプラント治療の事前診断では、骨の形態や骨量などを精密に診査します。これはインプラント体を埋入する上で、何よりも重要なポイントとなるからです。とはいえ、事前診断で骨量が不足している症例であっても、インプラント治療を行えないわけではありません。骨造成法(ソケットリフト・サイナスリフト)と呼ばれる処置を施すことで、顎骨の状態に問題があったとしてもインプラント治療を実施することが可能となります。

ソケットリフトとは

ソケットリフト

ソケットリフトは、上顎骨の厚みが1~3mm程度しかない場合に適応される骨造成法で、上顎洞に人工骨を移植して、不足している厚みを補います。

サイナスリフトとは

サイナスリフト

サイナスリフトは、上顎骨の厚みが3~7mm程度しかない場合に適応される骨造成法で、上顎洞に人工骨を移植する点は同じすが、ソケットリフトより補填する面積が多くなります。

GBR法(骨再生誘導法)とは

GBR法

インプラントを埋入する部分に骨の不足がある場合に適応される骨再生法で、特殊な人工膜を設置することで骨の再生を促します。再生に要する期間には個人差がありますが、処置が終われば人工膜を除去してインプラントを埋入します。

骨移植

骨移植

インプラント体を埋入するための顎骨が不足している場合は、骨移植を実施します。移植するための骨は、患者さまご自身の脛骨、腸骨等から採取することが多いです。ただ、骨の採取は患者さまの負担も大きいため、場合によってはショートインプラントや、傾斜埋入法を用いて対応します。

⑥ インプラント認定医だから可能なインプラント上級テクニック

上級テクニック

当医院では、ベーシックインプラント治療はもちろんのこと、難易度の高いインプラント治療も多数行って参りました。東京中央区銀座内でも施術が難しいと判断された難症例でも、当医院のインプラント認定医であれば対応可能です。ここではそんなインプラントの上級テクニックについてご紹介いたします。

① ALL ON 4

ALL ON 4

ALL ON 4(オール・オン・フォー)とは、全ての歯を失った症例に適用されるインプラント治療で、文字通り4本のインプラントで全ての人工歯(12本)を支えます。インプラントを埋入して即日、全ての歯を装着できる最新治療です。

② ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラントとは、頬骨インプラントとも呼ばれる治療法です。骨量が足りない症例で骨造成を行わず、頬骨を利用することで移植手術を回避できます。手術回数も少なく、治療期間も短いです。

③ 抜歯の日に埋入、仮歯装着

抜歯の日

通常のインプラント治療では、抜歯から被せ物の装着までに半年以上は待たなければなりません。けれども当医院では、『抜歯即時負荷法』という上級テクニックによって、抜歯した日にインプラントの埋入から仮歯の装着まで実施できます。その結果、通院回数と治療期間が短縮されます。

④ 傾斜埋入で骨量不足を補う

骨量不足

顎骨の量が不足していると、通常、骨移植などが必要となりますが、インプラントを斜めに埋入する「傾斜埋入」によって、その必要性がなくなります。ただし、非常に難易度の高い高等テクニックであるため実施できる歯科医院は限られます。

⑤ ショートインプラント

ショートインプラント

ショートインプラント(8mm以下)とは、通常のインプラント(9~16mm)よりも短いものを指します。骨量が足りていない症例で、骨造成を行わずに使用できる利便性の高いインプラントです。ただし、正確な咬合調整が行えないと、インプラントが脱落するリスクが高まります。

⑥ インプラントブリッジ

インプラントブリッジ

インプラントブリッジとは、インプラントを支台歯としたブリッジで「プロセラ」と呼ばれるオールセラミックの人工歯を活用します。これを「プロセラインプラントブリッジ(PIB)」と呼びます。審美性が高く、複数の歯を同時に補える優れた治療法です。

⑦ インプラントアフターケアの充実とリスク説明

治療後

インプラント治療は、オペが終わった後からがある意味本番といえます。毎日のメンテナンスをしっかりと行うことで、埋入したインプラントを定着されることが可能となります。そのために、きめ細かいケアを実施させて頂きます。

アフターケア

インプラントには「インプラント周囲炎」という特別な病気があります。病気の症状は通常の歯周炎と変わりがないのですが、治療せず放置すると、インプラント体が脱落してしまうことがあるため注意が必要です。そんな術後のトラブルを回避するために、当院ではインプラントのクリーニングやセルフケアの指導などのアフターケアに力を入れております。

インプラント治療の流れ

ここでは、当医院で実際に行ったインプラント治療についてご紹介します。上記で説明した抜歯即時埋入の症例で、インプラント治療の流れを見て頂けたら幸いです。

① 診断・治療説明

診断・治療説明

始めに、治療内容、治療費、治療期間といった基本的な説明を行い、納得頂ければ治療開始となります。その後、CT撮影に進み、各種診断を行った後、インプラントオペを後日実施します。

② 抜歯前の状態

抜歯前の状態

この患者さまは、右上の2番目の歯の周囲に骨吸収があり、抜歯が必要となりました。ですので、オペは抜歯から始まりました。

③ インプラントオペ

インプラントオペ

抜歯後、そのままインプラントの埋入オペ(抜歯即時埋入)に移りました。オペは1回で完了です。担当したのはインプラント認定医です。

④ 仮歯の装着(オペ当日)

仮歯の装着

抜歯およびインプラントを埋入した当時に、仮歯を装着しました。この抜歯即時埋入という処置には、非常に高度なテクニックが必要となります。

⑤ アバットメントの装着

アバットメント

インプラント体が顎骨と結合した後、アバットメントと呼ばれる連結装置を装着します。上部構造とインプラント体をつなぐパーツです。

⑥ 被せ物の装着

義歯・被せ物装着

アバットメントを装着した状態で型取りを行います。後日、作製した被せ物を装着し、治療の完了となります。

銀座6丁目のぶデジタル歯科が行ったインプラント治療例を写真つきで解説

前歯1本欠損

治療例前歯1本欠損

根尖病巣により抜歯をした前歯部分にインプラントを埋入した症例です。抜歯即時埋入にて即日で仮歯装着。

治療例を詳しくみる

1歯欠損単独インプラント

治療例単独インプラント

左上前歯を抜歯したその日のうちにインプラントを埋入し仮歯を装着した症例です。

治療例を詳しくみる

オールオン4

治療例オールオン4

入れ歯に不満を抱える方のオールオン4症例です。こちらも抜歯後にすぐインプラント埋入で仮歯装着です。

治療例を詳しくみる

全顎処置(インプラント+セラミック)

治療例全顎

錆びた銀歯をセラミックの歯に変え、抜歯になった部分をインプラント埋入したトータル治療の症例です。

治療例を詳しくみる

オールオン4(ノーベルガイド)

治療例オールオン4

上顎のオールオン4をノーベルガイドを使って歯肉を切開せずにインプラント体を埋入した症例です。

治療例を詳しくみる

前歯部症例(ノーベルガイド)

治療例前歯部

前歯のインプラント治療をサージカルガイドを使い、歯肉切開(外科処置)を回避した症例です。

治療例を詳しくみる

オールオン4ハイブリット

治療例オールオン4ハイブリット

ザイゴマインプラントと通常のインプラントを併用したAll on 4の症例です。

治療例を詳しくみる

前歯部審美治療例

治療例前歯部審美

右上2番目の歯を抜歯後、その日のうちにインプラントと仮歯装着まで行なった症例です。

治療例を詳しくみる

東京中央区銀座でインプラント専門医治療なら銀座6丁目のぶデジタル歯科

インプラント治療

銀座6丁目のぶデジタル歯科では、インプラント専門医による高度なインプラント治療を提供しております。無料相談やセカンドオピニオンも専門医が対応いたしますので、気になる点はどんどんご質問ください。東京中央区銀座でそんな高度なインプラント治療をご希望なら銀座6丁目のぶデジタル歯科までご連絡ください。

トップへ戻る