ザイゴマインプラントを用いたAll on 4で咬合を改善した症例|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

ザイゴマインプラントを用いたAll on 4で咬合を改善した症例

オールオン4で上下の咬み合わせを改善した症例

▼歯周病による歯肉の退縮(審美性の低下)、受け口の症状をオールオン4で治療した症例をご紹介します。

初診時の口腔内

上下の歯の見た目と受け口(下の歯が前に出ている歯並び)を治したいとのことでご来院された患者さまです。

初診時の口腔内

正面から見ると受け口であることが明確にお分かりいただけると思います。さらに、歯肉が赤く腫れ、歯周病が進行している状態でした。本来であれば、矯正治療で咬み合わせを改善するのですが、重度の歯周病であるため、矯正に耐えられない、さらに歯を残しても予後不良であると判断しました。

サンプルイメージ

患者さまと相談の結果、インプラント4本で片顎全ての歯を支えるオールオン4で治療することになりました。

骨量が著しく少ない上顎は、通常のインプラントでは難しいと判断し、頬骨に埋入するザイゴマインプラントを用いることにしました。

上下顎のオールオン4手術を実施

▼上顎オールオン4オペ後

上顎オールオン4オペ後

骨量が少ない上顎は、頬骨にザイゴマインプラントを埋入後、仮の上部構造(人口歯)を装着しました。下顎には既に仮歯がセットされています。下顎のオペ後に一緒に最終的な上部構造を作製する予定です。

▼下顎オールオン4オペ後

下顎オールオン4オペ後

下顎のインプラント埋入後、受け口が改善された状態の仮の上部構造を装着しました。手術した箇所が治癒するまでは、経過を観察しながら仮歯で生活していただきます。

最終的な上部構造装着のためにワンスクリューテストを実施

ワンスクリューテスト手術した箇所が治癒した後、上下それぞれ4つのインプラントとチタンフレームがカタつくことなくセット出来るか「ワンスクリューテスト」という手法で適合性を確認します。

ワンスクリューテストとは、複数のインプラント支持型補綴物を装着する時、精密な適合を測定する試験法です。一方の端をスクリュー固定したとき、他の部位が動いたり浮き上がらないかを観察します。

※スクリューは手指で回るところまで回し、そこからさらに力を加えて30度から45度までしか回転しないことが理想的です。

最終的な上部構造を装着して治療完了

治療完了

チタンフレームの上にセラミックの歯とハイブリッド素材の人工歯茎を盛って作製した上部構造です。上顎、下顎ともに埋入したインプラントに装着して治療完了です。

治療前

オールオン4治療前

治療後

オールオン4治療後

歯周病症状で著しく骨量が足りない状態でしたが、ザイゴマインプラントの用いたオールオン4により、咬み合わせを回復することができました。全体的な見た目と受け口が改善され、患者さまも大変喜んでおられました。

年齢・性別 62歳男性
主訴 上下の歯をキレイにしたい。受け口を治したい。
治療内容 AO4とザイゴマインプラント埋入。
・本来であれば嚙み合わせ治療が必要だが、残存歯が重度の歯周病に罹患しており、矯正に耐えられない上、残しても予後不良であると判断。
・上顎は、通常のAO4のプロトコルに則っての治療は骨の量が極度に少ないので難しいと判断し、ザイゴマインプラント埋入。
治療期間 約1年
治療回数 約30回
治療費 上顎:オールオン4(チタンフレーム) /258万円
下顎:オールオン4(チタンフレーム) /238万円
ザイゴマインプラント/150万円
計646万円(税別)
想定されるリスク ・術後の疼痛や腫脹
・機能障害(発音障害)など

トップへ戻る