歯並びが悪いことで起こる問題とは|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

歯並びが悪いことで起こる問題とは

投稿日:2021年7月15日

カテゴリ:未分類

歯並びが悪いデメリット

虫歯になりやすい

歯並びが悪いと歯と歯の間のブラッシングが難しい為、歯ブラシが届かない部分は虫歯になりやすい。

歯周病になりやすい

同じくブラッシングが難しい部分は歯周病が進行しやすい。

特定の部分の歯にダメージを受けやすい

本来綺麗に並んだ歯列は全ての歯に均等に力が分散されるが、歯並びが悪いと例えば、奥歯だけに咬合力が加わって歯が擦り減ってしまったり、歯がグラグラしてきたりと様々な問題が起こります。

また、歯だけでなく顎関節や体にまで影響が出てくる事もあります。

見た目の面ももちろんですが、咬み合わせやブラッシングのしやすさの面でも、矯正治療によって歯並びを治してあげることが大切です。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る