歯の痛み(3)|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

歯の痛み(3)

投稿日:2021年3月1日

カテゴリ:歯内療法専門医ブログ

診断名:根尖性歯周炎

炎症がさらに進行すると根管内の歯髄は壊死(死ぬ)し、炎症は根管を経路として歯の周囲や骨に及びます。

特徴としては歯が浮いたような感覚、噛むと痛いといった歯の周囲組織の炎症に起因する痛みです。この場合、歯髄の機能はないため ”しみる” 感覚は存在しません。

この状態を放置すると根尖部を中心として膿瘍の形成、歯槽骨の吸収が生じ さらに膿が粘膜下に波及する事によって顔面、口腔内に腫脹が生じます。

また発熱、悪寒など全身状態の悪化が認められる事があります。

トップへ戻る