受け口の原因は、、、|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

受け口の原因は、、、

投稿日:2020年3月30日

カテゴリ:スタッフブログ

受け口とはいわゆる下顎が上の顎より前に出ている状態です。重度の場合、手術によって下顎の位置を変えることがあります。

一般的には遺伝的要素や、日常生活での指しゃぶりが原因と言われてます。しかし、当院では違った見方をしています。

上顎骨の劣成長

普通、教科書的には下顎の過成長が受け口の原因とされますが、当院では逆の見方をしています。

上顎骨の劣成長です。もし、上顎骨がしっかり成長していたら、受け口にはならない、という考え方です。

そこで当院では拡大床という、顎を広げる装置を使い、本来成長するはずだった顎の大きさに近づけてから矯正を行なっていきます。

矯正のデメリットの一つである小臼歯の抜歯を避けることが出来るため、とてもおすすめです。

詳しくはスタッフにお尋ね下さいね。

トップへ戻る