小児矯正を始める時期について|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

小児矯正を始める時期について

投稿日:2019年10月25日

カテゴリ:未分類

小児矯正っていつから始めるの?

口元の悩みは、大人になると尚更気になるものです。

子供の頃に、矯正治療……しておけばよかったなぁ。そんな声は、沢山聞かれます。

我が子には歯の事で苦労して欲しくない!

では、小児矯正って何歳の頃から始めればいいの?!どこに相談に行けばいいの?!

そんなお悩みにお答えします!

 

お子さんの表情や癖に注目!

日頃のお子さんをよく見てみて下さい。

・鼻炎

・アレルギー性鼻炎

・口がポカンと開いている

・口を閉じると下顎に梅干しができる

・落ち着きがなく多動な行動が多い

・下の歯が上の歯より出ている(受け口である)

・いびきをかく

・笑うと歯茎が見える(ガミースマイル)

・中耳炎になりやすい

・蓄膿症である

こういったお悩みが、1つでも当てはまる場合、顎の前方成長不足が根本の原因で起こっているかもしれません。

 

本当の矯正治療とは?

矯正治療とは、歯列はもちろん!

顎骨の可動域を広げ、正常な呼吸を保ち、姿勢やアレルギーなど不調の改善をも期待することができるのです。

これが、のぶデジタル歯科で行っている最先端の矯正です。

小児矯正の時期は、乳歯が生えている5歳から8歳が適しています。

永久歯へ生え変わる前に、歯が並ぶ充分なスペース確保が重要です。

 

お子さんから大人の方まで、矯正のご相談は随時行っております。 

お気軽にお問い合わせ下さい。


トップへ戻る