歯が割れる・セラミックの詰め物が割れる…強くて頑丈なジルコニア|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

歯が割れる・セラミックの詰め物が割れる…強くて頑丈なジルコニア

投稿日:2018年8月15日

カテゴリ:未分類

本日は、ワンデー治療では不可能ですが、
院内技工所によって短期間でセットが可能なジルコニアブリッジについてご紹介いたします。

ジルコニア
…セラミックより堅い素材です。透明感はセラミックに劣りますが、圧倒的な強度のため、咬む力の強い方、
また奥歯ブリッジのように強度を求められる場合に使用します

外部技工所に技工を発注する場合、およそ10日から2週間程度の技工期間が必要となります。

当院では院内の技工所で作成が可能です。

画像は セレック というミリングマシンで削っただけの状態です。
ここから院内の技工室でより患者様それぞれの歯に近い色へ彩色されていきます。

セラミックは透明度があり非常に美しく、生体親和性も高いので皆様にお勧めできる素材ですが、
ガラスの性質上、1点に力が集中するような衝撃には弱い素材です。

咬む力の強い方や、夜中に歯ぎしりをなさる方へは、採用が難しい場合もあります。
特に奥歯では、成人で夜歯ぎしりをされる方は、100kgくらいの力がかかるとも言われています。
小さなセラミック、つまり陶器のかぶせ物では、耐えきれずに割れてしまいます。

ジルコニアは食いしばるような強い力にも耐えうる強度を持つ素材です!

 

ただ、ジルコニアにも難点はあります。。。堅すぎることです。
その堅さ故、咬み合う相手の歯やかぶせ物を削ってしまう可能性を否定できません。

歯を含めて、お口の中の組織は、当たり前ですが、加齢とともに変化します。
ジルコニアやセラミックなどは変化しませんので、お口の変化に合わせた調整が必要です。

銀座でジルコニア治療 をご検討の場合は 銀座6丁目のぶデジタル歯科へお問い合わせください!

ジルコニアに限らず、かぶせ物は一度入れたら終わりではありません。定期的に歯科医院へ通院して、診察とメンテナンスを受けましょう!

トップへ戻る