小児矯正で使用する装置|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

小児矯正で使用する装置

投稿日:2019年11月15日

カテゴリ:未分類

小児矯正で使用する装置をご紹介します。

装置の種類

1.拡大床

拡大症とは、ネジを回すことで外に拡がる力が掛かり、少しずつ顎を拡大する装置です。歯列を左右に拡げることで、歯が生えるスペースを作る目的で使用します。この装置は取り外し可能なので、お食事や歯磨き時には外すことができます。

 

2.急速拡大装置

この装置は拡大床と同じように、ネジを回すことで上顎の成長を前方、側方に促す装置です。拡大床と違い固定式になります。固定式の為確実に上顎が大きくなり、拡がるスピードが早く、拡大量も大きいです。デメリットとして、最初は違和感が強く、食事や発音がしにくいです。また小臼歯や大臼歯にバンドを付ける為、部位によっては見栄えが悪くなります。

3.リンガルアーチ

歯の裏側にから行う矯正装置で、歯の裏にワイヤーを沿わすことで、歯の動かしたり、歯列を拡大したりすることを目的とした、装置になります。装置が歯の裏側に位置する為、比較的違和感が少なく、見た目にも影響しにくいです。

トップへ戻る