親知らずの痛みの原因|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

親知らずの痛みの原因

投稿日:2019年5月30日

カテゴリ:スタッフブログ

親知らずの痛みの原因って?

我慢できない親知らずの痛み……

痛み止めを飲んでも治まらない親知らずの痛み……

これらの症状を放置しておくと、大きなトラブルへと発展してしまう事も珍しくはありません。

親知らずが痛み始めた時、どのように対処すれば良いのか?

ここでは、親知らずの痛みの原因について解説していきます。

 

磨き残しによる歯茎の炎症

歯ブラシが届きにくい親知らず。

中には横向きになって生えていたり、歯茎から少ししか見えていなくて汚れが溜まりやすかったりと、親知らずの生え方は様々です。

人によっては「痛くて口が開けずらい」「顔までパンパンに腫れる」といった症状にまで発展することもあります。

ワンタフトブラシ等のアイテムを使ってケアするのも1つですが、定期的に歯医者でクリーニングをして清潔な口腔内を保つ事もとても大切です。

 

虫歯による痛み

親知らずだけではなく、7番目の歯にまで悪影響が及ぶこともあります。

虫歯が神経にまで到達した場合、強い痛みがでますが一旦落ち着いてしまう事もあります。

しかし、そのまま放置していると今度は根の先に膿が溜まりそこからも強い痛みがでます。

早い段階で歯医者へ受診すれば、7番目の歯を守る事も出来ます。自己判断せずに痛みが出たら歯医者できちんと見てもらうようにしましょう。

 

頬に歯が擦れることによる口内炎等の痛み

口を開けたり閉めたりする時に、頬に歯が擦れてしまう場合は口内炎が出来る事もあります。 

その場合は口内炎が早く治るように、出来るだけ口の中を清潔にしておく事も大切です。

原因となる親知らずを抜歯する事も、繰り返す口内炎を防ぐ1つの方法なので歯医者へ受診し、医師へ相談してみましょう。

 

きちんと原因を突き止めるためには、医師による診察やレントゲンによる診断が必要です。

生涯、自分の歯で美味しく食事が出来るように、自己判断することなくきちんと歯科に受診して歯の健康を維持していきましょう。

私達も、しっかりサポートさせて頂きます!

トップへ戻る