子供の中期(C2)虫歯の治療方法|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

子供の中期(C2)虫歯の治療方法

投稿日:2019年7月27日

カテゴリ:スタッフブログ

中期の虫歯(C2)

中期の虫歯とは、表面のエナメル質だけでなく、中の象牙質まで感染している状態をいいます。

 

今回は中期の虫歯の治療方法について説明していきます。

虫歯を削る

これは、よく知られている治療方法だと思います。

削って、樹脂を詰めるだけですと、1日で治療は終わりますので、負担も少ないですが、デメリットとして、削りすぎる心配があります。

当院では削りすぎを防ぐため、う蝕検知液を使用し、必要最低限の削る量になるよう処置をおこなっています。

カリソルブ

カリソルブという、特殊なお薬を使用し、虫歯に感染している部分を除去していきます。

これは感染している部分のみに作用するため、歯に優しい治療です。

痛みも少なく、また削る機会を使う量が少ないため、音や振動に恐怖心がある場合はリラックスして治療を受けていただくことができます。

ぜひ一度ご相談を

症例によってはできないこともありますので、まずはカウンセリングを受け、合ったものをお選びいただければと思います。

トップへ戻る