抜歯矯正によるメリット・デメリット|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

抜歯矯正によるメリット・デメリット

投稿日:2021年11月5日

カテゴリ:未分類

ここ数年で、マスクをしての移動があたりまえになり口元に対するみなさんの意識も変わってきたのではないでしょうか。

マスクをしていて、自分の呼吸の臭いに気づいた方。それは、虫歯や歯周病の臭いかもしれません。

マスクで口元が隠せる今のうちに、ずっと悩んでいた歯並びを治す決心がついた方。

マスクを外した時、顔色が華やかなように口紅などもきちんとされるようになった方。

綺麗なルージュの隙間から見える白い歯は素敵ですよね。ホワイトニングへの需要も増えてきたように感じます。

今回は矯正治療に関して、抜歯矯正のメリット・デメリットについてお話しさせていただきます。

抜歯矯正とは

一般的に、矯正をすすめるにあたって親知らずの抜歯は必須項目となります。

そのため、今回の抜歯矯正に親知らずの抜歯は含まれません。

抜歯矯正とは、顎が小さくて歯が並びきらずガタガタと歯が並んでいる場合に早くスペースを確保し歯を並べる方法として行います。

抜歯する歯は、それぞれの医院長の考えによりますが小臼歯といって前から4番目や5番目を抜歯することが多いです。

抜歯し左右1本ずつに空きスペースができるためそれを使って歯を並べるのです。

抜歯矯正のメリット

とにかく矯正期間が早いです。本来であれば、足りないスペースを作ることは大変で、時間やドクターの技術がとても重要となります。そのため、抜歯するだけでスペースを作ることができれば、あとは並べてしまうだけなので矯正にかかる期間は比較的短くて済むかと思います。

抜歯矯正のデメリット

抜いてしまった歯は、元には戻せません。顎が小さく歯が並びきっていない原因は顎の劣成長が原因です。そのため、抜歯して歯を並べてしまうと口の中がその分小さくなってしまい、本来あるべき位置に舌を置くことができなくなります。

そのせいで、口呼吸・猫背(姿勢の悪さ)・歯ぎしり食いしばり・夜眠れないなどの様々な症状へとつながってしまうのです。

先ほど抜歯矯正で矯正期間の早さをお話ししましたが、最近ではオーソパルスやPBMヒーリングといった機械を使えば矯正期間を半分〜3分の1まで短縮することもできるようになったので非抜歯矯正のデメリットともいえた、矯正期間に関してはクリアになりました。

 

 

 

ドクターの治療方針や経験症例数によってさまざまな矯正方法を目にすると思いますが、きちんとそれぞれのメリットデメリットを患者様の口腔内を審査診断したうえで提示してくれるドクターの元で矯正をされることをお勧めします。

矯正治療の目的は見た目ばかりに目がいきがちですが、きちんとしたプロセスの元行う必要がある歯科治療です。

ぜひ、一度ご相談にいらしてみてください。

お待ちしております。

 

トップへ戻る