マイクロスコープと肉眼の制度について|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

マイクロスコープと肉眼の制度について

投稿日:2021年10月2日

カテゴリ:未分類

制度の高い処置の実現!マイクロスコープ

歯科治療は、とても小さくて狭い口腔内という悪い環境下で処置を行う分野です。

そのため、肉眼での治療制度には残念なことに限界があります。

そこで活躍するのが『マイクロスコープ』とよばれる精密機器です。このマイクロスコープを使用することによりドクターの「勘や経験」に頼った処置ではなく『安定した制度と高い的確な処置』を実現することができます。

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、肉眼のおよそ3倍〜30倍の拡大視野をえることができますが、それはその医院であつかっているマイクロスコープのメーカーによりさまざまです。

肉眼では確認することのできない細部の性格な情報を得ることができ、適切な処置を可能とするのです。普通では確認することのできない細かい歯の亀裂や歯石などはっきりと確認することができます。

マイクロスコープのメリット

●視野の大きさ

マイクロスコープは視野を格段に広げることができます。

肉眼の場合、視野に限界があるため、細かい問題を見落としてしまいやすく、本当に悪いところが処置できず、治療が長引いたり、結果的に予後が悪いことにも繋がります。

●明るさ

マイクロスコープの場合、視野が大きく拡大されるだけではなく、強い光で術野を照らすため、根管治療(歯の根の治療)の場合、根管内部の深部まではっきりと確認することができ、汚染部分を確実に、徹底的に取り除くことが可能となります。

その他にも、インプラントオペなどの外科的な処置でも、マイクロスコープを使用することによりより安全で安心な治療を行うことができます。

このような違いから、マイクロスコープ治療と一般的な肉眼治療には大きな治療差がでてきます。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る