審美治療のオールセラミックとは|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

審美治療のオールセラミックとは

投稿日:2018年9月12日

カテゴリ:スタッフブログ

審美歯科治療とは「良く噛める」「はっきりと話せる」という機能面だけでなく、見た目の美しさにも重点を置いてきれいな口元に仕上げることを目標にする治療方法です。

通常の虫歯治療では、保険適用の範囲で可能な素材を使用して治療をしていくため、仕上がりでは金属が見えたり、長期的な時間の経過によって変色していったりと見た目の美しさはどうしても優先されません。

しかし、審美治療は保険適用の素材や治療法以外にも自費治療で行うことにより、美しく見える口元を実現することが可能です。

審美治療の1つである「オールセラミック」とは、金属を一切使用せず、すべてセラミックで作られた被せ物のことです。その特徴としては、①審美性に優れている ②汚れが付着しにくい ③金属アレルギーの人でも安心 の3つが挙げられます。セラミック素材は透明感があり、また歯の先端に向かって色味のグラデーションをかけていくことができるので、自然な歯の色を再現でき、天然歯との見分けがつきにくいので違和感がありません。

虫歯の治療はするけれど金属は入れたくない、今の歯を白く美しくしたい、被せ物を新しく白くしたい、とお考えの方は、一日で治療を終わらせられる当院の審美セラミック治療をお勧めします。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る