根管治療に使用する器具|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

根管治療に使用する器具

投稿日:2019年8月30日

カテゴリ:スタッフブログ

根管治療とは?

根管治療とは、歯の根の治療です。

歯の根の中には、神経や血管が通っている管(根管)があります。その管が深い虫歯や外傷等によって細菌感染が起こると、感染した神経を取り除く抜髄という処置が必要になります。 

感染した歯髄を徐々〜根管内を洗浄〜感染を防ぐため根管を詰め物で密封し、終了となります。

また根管治療が終了している根が再度感染した場合にも根管治療が行われます。その場合は感染根管治療と言います。

 

根管治療に使用する器具

マイクロスコープ

マイクロスコープとは顕微鏡のことです。根管内は暗く複雑なので、肉眼で視認するのには限界があり、今まで経験や勘といったものに頼ってきた根管治療ですが、マイクロスコープを使う事によって3〜25倍の倍率で視認できます。感染した組織を最大限除去し、感染していない組織の除去を最小限に留めるには、複雑で暗い根管内を明るく、鮮明に視認できるマイクロスコープは必要不可欠と言えます。

リーマー、ファイル

細い針状のリーマーや、ニッケルチタン製ファイルという器具を使い、

根管内を綺麗に掃除していきます。

トップへ戻る