セラミックの強度について|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

セラミックの強度について

投稿日:2021年2月20日

カテゴリ:未分類

品質の安定性があり、ひび割れなどが起きにくいセラミック

セラミックにもいろいろな種類があります。

セラミックとは、歯科用の陶材(とうざい)のことで、陶材は食器などの陶器に使用される材料よりも強度が高くて、自然な歯に見えるように研究開発された素材なのです。

中でも強度や色調共に特化したジルコニアなどは、ひび割れなども起きにくく長く口腔内で使用することができます。かみ合わせなどはきちんと見る必要があります。

一般的な保険治療で使われる白色の歯はプラスチックが使用されており、割れやすく、長年の使用で変色するのが特徴です。

 

当院では定期検診にきちんと通院していただき、万が一ひび割れなどが起きてしまった場合は補綴代金を保証させていただきます。

噛み合わせに問題があれば、定期検診時に調整をさせていただきます。

咬合力が強すぎる場合は、ボツリヌストキシン治療を併用することも可能です。

長くみなさまに使っていただけるよう、治療後もしっかりサポートさせていただきます。

トップへ戻る