詰め物、被せ物治療の違いについて|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

緊急事態宣言下における診療と新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

詰め物、被せ物治療の違いについて

投稿日:2020年2月18日

カテゴリ:スタッフブログ

歯科治療でよく聞く詰め物、被せ物とはどんなもの?また、違いについて説明していきます。

詰め物ってどんなもの?

詰め物はインレーと呼ばれ、虫歯の部分を削って詰める歯を覆い被さないタイプの修復物です。

インレーは歯を削る量が被せ物に比べて少なくて済むので、あまり歯を削りたくない方にオススメです。

ただ噛む力が強い方の場合、修復物が割れてしまう可能性があり、削る形が複雑になると適合が難しくなる為、被せ物にした方が長持ちします。

削る量が増えたものでアンレーと呼ばれる詰め物と被せ物の中間の様なものもあります。

被せ物ってどんなもの?

被せ物は、歯を全周削り、その上から被せるタイプの修復物でクラウンと呼ばれます。インレーより歯を削る量は増えますが、その分修復物の厚みが確保される為、強度に優れ結果的に長持ちします。

 

 

トップへ戻る