矯正治療によって不定愁訴が改善した症例③|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

矯正治療によって不定愁訴が改善した症例③

矯正治療によって不定愁訴が改善した症例③の解説と具体的分析

▼当院で実施した矯正治療によって、不定愁訴が改善した症例とその具体的な分析についてご紹介します。

セファロレントゲンによる分析

セファロレントゲンによる分析

(左写真)治療前は下顎が左にズレている。(右写真)術前に比べてズレが抑制されました。

セファロレントゲンによる分析

①…DUAL平面が改善

②…PNSの下降が改善

▼画像はクリックで拡大します

セファロレントゲンによる分析

口腔内写真による比較

【矯正治療前 2018.8.20】

矯正治療前

矯正治療前は、高口蓋で舌が挙がらない環境でした。顎堤狭窄、叢生、臼歯近心傾斜が認められます。

【矯正治療後 2020.11.17】

矯正治療後

矯正治療後は、顎堤・歯列の改善、叢生改善、臼歯近心傾斜が整直しました。

偏心運動

【矯正治療前 2018.8.20】

矯正治療前

前歯が高く、臼歯が極端に低い(臼歯オープンバイト)で、側方運動で奥歯が干渉しています。

【矯正治療後 2020.11.17】

矯正治療後

咬合平面が整い、偏心運動で犬歯ガイドが出来ました。

レントゲン写真による比較

【矯正治療前 2018.8.20】

矯正治療前

【矯正治療後 2020.11.17】

矯正治療後

顔貌の比較

顔貌の比較

治療前(左)は、強い頭位傾斜とオトガイ筋の強い緊張がありました。治療後は、頭位傾斜が抑制され、オトガイ筋の緊張も緩和されました。

顔貌の比較

模型による比較

模型による比較

不定愁訴

【矯正治療前 2018.8.20】

矯正治療前

【矯正治療後 2020.11.17】

矯正治療後

僅かですが、不定愁訴が減少しました。

トップへ戻る