拡大床とマウスピース矯正による矯正治療の症例|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

拡大床とマウスピース矯正による矯正治療の症例

拡大床とマウスピース矯正で非抜歯矯正の症例(43歳女性 期間約1年)

▼歯並び・咬み合わせを治したいとのことでご来院された患者さまです。他院の矯正専門医より、抜歯が必要と診断された症例でしたが、拡大床とマウスピース型矯正装置(インビザライン)を併用することで、歯を抜かず、さらに短期間で歯並び・咬み合わせを改善することができました。

ご来院時の歯列と矯正治療の詳細

ご来院時の歯列

年齢・性別 43歳女性
治療計画 拡大矯正とマウスピース型矯正装置(インビザライン)により、非抜歯にて矯正
治療期間 約1年
治療回数 約10回
治療費 計890,000円 (税別)(拡大床20万・インビザライン矯正69万)
想定されるリスク ・一時的な発音障害、咀嚼障害、知覚過敏
・歯の移動による歯根の吸収や一時的な歯の動揺
・治療期間の延長

拡大装置を装着・顎の拡大

拡大装置を装着・顎の拡大

上下顎に拡大床を装着します。ネジを回して少しずつ顎を広げ、歯が並ぶスペースを作ります。

拡大装置を外します

拡大装置を外します

十分に顎を拡大してからマウスピース矯正(インビザライン)へ移行します。

マウスピース矯正の開始

マウスピース矯正の開始

マウスピース型矯正装置インビザラインを装着して理想の位置へ歯を動かしてきます。

矯正治療の完了

矯正治療の完了

マウスピースをすべて装着し終えたら、矯正治療完了です。計画通りの歯並び・咬み合わせになりました。

矯正治療後に審美修復

矯正治療後に審美修復

矯正治療後は、銀歯を取り除き、セラミックで審美修復しました。

治療前

治療前

治療後

治療後

拡大装置とマウスピース矯正を併用することにより、歯を抜かず、比較的短期間で歯並び・咬み合わせを改善することができました。当院では、他医院で抜歯と診断された場合でもできるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。

トップへ戻る