拡大床とワイヤー矯正による矯正治療の症例⑤|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

拡大床とワイヤー矯正による矯正治療の症例⑤

拡大床とワイヤーによる非抜歯矯正の症例(37歳女性 治療期間約2年)

▼下顎が後退し、噛み合わせが深くなっているディープバイトを、拡大床とワイヤー矯正によって改善した症例をご紹介します。

ご来院時の歯列と矯正治療の詳細

初診時の口腔内です。下顎前歯は上顎前歯に覆われ、ほとんど見えません。さらに歯が内側に倒れている(特に下顎)ので、口腔内のスペースが小さく、下顎の動きは制限されている状態です。

▼画像をクリックで拡大します。

ご来院時の歯列

年齢・性別 37歳女性
治療計画 上顎の下方への成長により下顎の前歯が覆われてほとんど見えず、下顎は後方に移動し顎関節に負荷がかかっている。さらに、上顎により下顎の動きが制限されているため、歯ぎしり食いしばりにより、様々な症状が出やすい噛み合わせ。そのため、拡大床による口腔内スペースの拡大を行い、舌のポジションを改善、正しい歯軸で歯ぎしりや食いしばりの影響の出ない噛み合わせを構築
治療期間 約2年
治療回数 約36回
治療費 1,050,000円(税別)(上下拡大床20万、ワイヤー矯正85万)
調整料 5,000円(税別)/毎月
想定されるリスク ・拡大床装着時の発音障害、後戻りや歯根吸収、虫歯、歯の移動中の痛みなど

①拡大装置とワイヤー装置を装着

拡大装置とワイヤー装置を装着

拡大床により、顎骨の歪み・下顎のポジションの改善を同時に行いながら、ワイヤーでレベリング(大まかに歯の高さや並びを整える事)を行います。

②拡大・レベリングの完了

拡大・レベリングの完了

歯列の拡大とレベリングが終了しました。

③GEAWワイヤーによる矯正

GEAWワイヤーによる矯正

3次元GEAWワイヤーを装着して、噛み合わせの再構築していきます。

④矯正治療の完了

矯正治療の完了

装置を取り外して矯正完了です。口腔内スペースや歯軸をはじめ、下顎のポジションも改善され、下顎の前歯が見えるようになりました。

矯正治療前後の比較

矯正治療前後の比較

拡大床とワイヤー装置によって、ディープバイト(深い噛み合わせ)が改善されました。非抜歯で矯正治療が行え、患者さまに大変喜んでいただけました。

トップへ戻る