変色した前歯の審美治療症例|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

変色した前歯の審美治療症例

変色した神経のない歯をセラミッククラウンで審美修復した症例

審美治療前

審美治療前

審美治療後

審美治療後

過去に神経を抜いた歯の変色が気になるとのことでご来院された患者さまです。神経を抜いた歯は経年によって変色するため、お悩みの方が多い症状です。最初は上下右側1番(黄色の矢印)の計2本のみ治療をご希望でしたが、より自然で綺麗な口元にするため、上顎4本と下顎1本をセラミッククラウンで治療しました。自然な仕上がりとなり、患者さまにも満足いただけました。
※クラウンのセット時に歯肉カットも一緒に行ったため、少し歯肉に赤みが残っています。

年齢・性別  20代  女性
治療期間 3週間
治療回数 3回
(初回/カウンセリングと資料取り・2回目/ 形成、印象・ 3回目/セット)
治療費 ビューティフルセラミッククラウン
(上前歯4本/下顎前歯1本):550,000円(税別)
この治療のリスク ・数週間から数ヶ月冷たいものがしみたり、噛むと痛かったりする可能性がある。
・口腔内のケアがおろそかになると、セラミッククラウンと歯肉の隙間から虫歯になることがある。
・過度な力がかかると欠けたり、外れたりする場合があります。

トップへ戻る