骨造成手術を併用したインプラントの症例|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

骨造成手術を併用したインプラントの症例

骨造成手術で骨を増やした部分へインプラントを埋入した症例

▼こちらの患者さまは、欠損している左上奥歯に歯を入れたいとご来院されました。

骨造成を併用したインプラント症例

診査・診断の結果、左上奥歯部分は歯を失ってからの期間が長かったため、顎骨が退縮し、インプラントを埋入できる十分な骨量がないことが分かりました。

治療計画の立案(骨造成手術(サイナスリフト)→インプラント手術)

治療計画の立案

現状ではインプラント治療が行えないため、患者さまと相談の結果、サイナスリフトという骨を増やす手術を行った後、インプラントを埋入する計画を立てました。

骨造成後にインプラント手術を実施

【骨造成後のレントゲン】

骨造成後のレントゲン

骨造成手術によって十分な骨量が再生されたため、左上奥歯へインプラント治療を実施。

インプラント手術

左上奥歯へインプラントを2本埋入し、咬み合わせを回復しました。骨ともしっかり結合し、安定しています。

年齢・性別 43歳女性
治療計画 左上奥歯の骨高3mm以下のためサイナスリフトによる骨量増大後にインプラント手術
治療期間 約1年
治療期間 約20回
治療費 インプラントオペ/3万円
インプラントフィクスチャー/36万円(18万円×2本)
チタンアバットメント/12万円(6万円×2本)
インプラント上部セラミック冠/26万円
サイナスリフト/20万円
計97万円(税別)
想定されるリスク ・手術した部分の腫れや痛み
・治癒期間中の不慮の事故によるインプラントの脱落(打撲、固いものをうっかり噛んだなど)
一時的な発音障害
・骨が十分に再生されない場合がある

インプラント治療ページ>>

トップへ戻る