前歯部審美治療例(インプラント)|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

前歯部審美治療例(インプラント)

右上2番目の歯を抜歯後、その日のうちにインプラントと仮歯装着

治療前

治療前

治療後

治療後

CT撮影すでに差し歯になっており、歯の根が折れてしまっているため保存できませんでした。その他の歯はしっかり神経が残っていましたが、レジン(歯科用プラスチック)で何ヶ所も修復されているため、見た目はあまりよくありません。右上2番の歯は抜歯が必要だと判断しました。そこで今回の症例では、身体に負担が少なく、周りの歯周組織のダメージも少なく、治癒期間中も日常生活に支障が出ない、「抜歯即時インプラント」の埋入オペを選択しました。

CT撮影インプラントオペ直後の写真です。まずは、右上にあった歯を特別なテクニックを用いて慎重に抜歯しました。抜歯後、時間をおかずにそのままインプラントを埋入しています。オペを行った箇所の周囲の組織をご確認ください。ほとんど傷がついていないことがわかるかと思います。この時点で周りの組織が傷ついてしまうと、治療にも時間がかかってしまいます。

CT撮影埋入したインプラントに、仮歯を装着した状態です。インプラントを埋入した結果、しっかりと固定されたため、即日に仮歯を装着しました。しばらくはこの仮歯を使用していただくことになります。定期的に確認したところ、術後の痛みや腫れはほとんどなく、日常生活も快適に送れているとのことでした。

CT撮影仮歯を使って日常生活を続けることで、歯肉の状態が整って正しい型取りができるようになります。仮歯の装着から約6ヶ月が経過し、最終補綴物を作るための型取りの段階になりました。レントゲン写真を見ていただくとわかるように、インプラントがしっかりと固定されています。

CT撮影型取りを行って作成した最終補綴物をセットした状態です。上部構造と周りの天然歯の被せ物には、強度・審美ともに優れたジルコニアのフレームを使用しました。写真をじっくり見ていただいても、どの歯がインプラントか見分けがつかないのではないでしょうか?審美的に美しいことは当然ですが、機能的にも本物の歯に劣らない歯が仕上がりました。

トップへ戻る