マウスピース矯正(インビザライン)による矯正症例|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

マウスピース矯正(インビザライン)による矯正症例

「インビザライン」による矯正治療症例(50歳女性 治療期間10ヶ月)

ご来院時の歯列と矯正治療の詳細

インビザライン矯正症例

年齢・性別 50歳女性
治療説明(主訴) 右の前歯が反対になっている、前歯の真ん中(正中)が合っていない
治療期間 約10ヶ月(280日):マウスピース19枚(初回)+9枚(追加)1枚10日間使用
治療回数 約10回
治療費 69万円+消費税

▲こちらの患者様は前歯の中心(正中)のずれに加え、右側前歯の反対咬合(下の歯が前に出ている)が気になり、当院にご来院されました。診断の結果、大きく歯を動かさず改善が可能と判断し、マウスピース型矯正装置「インビザライン」での治療をご提案しました。

①3D画像を用いた治療計画作成と治療内容の説明

治療開始時

治療開始時

矯正治療終了時の予想歯列

矯正治療終了時の予想歯列

インビザライン専用の3D治療計画ソフトを使用して、最終的な歯の位置やおよその治療期間などを患者様と一緒に確認します。その後、治療内容の詳細や想定されるリスクなどを丁寧にご説明します。

こちらの患者様は、治療計画どおり進めばマウスピース19枚で歯並びを改善できると算出されました。

インビザラインでの矯正治療中に想定されるリスクについて

②インビザラインを装着して矯正治療開始

インビザラインを装着して矯正治療開始

歯の移動を円滑にする目的とマウスピースがしっかり固定されるように、歯科用の樹脂を使って歯の表面に小さな突起物を接着した後、マウスピース型矯正装置「インビザライン」を装着して、治療を開始します。

患者様には食事と歯磨き以外は一日16~20時間の装着を徹底、10日間ごとに次のマウスピースに交換して治療を行っていただきました。

③顎間ゴムで前後の調整

顎間ゴムで前後の調整

歯の前後関係を改善するため、顎間ゴムを使用して上下の歯を同時に移動させます。
※(全てのケースで必要になるわけではありません)

④追加のマウスピースを作成

追加のマウスピースを作成

右側前歯は反対咬合が改善しましたが、前歯の中心(正中)が改善されませんでしたので追加のマウスピースを作成致しました。指示通りマウスピースを装着していたにも関わらず、予定通り歯が動いていない場合には、追加マウスピースは別途費用なしで作成致します。

⑤治療完了

治療完了

マウスピースを9枚追加して、前歯の中心(正中)を正しく改善して治療が完了しました。

治療前後の比較

治療前

インビザライン矯正治療前

治療後

インビザライン矯正治療後

ご来院時に気になっていた、右前歯の反対咬合と前歯の中心(正中)を改善することができ、患者様にも満足していただけました。

トップへ戻る