拡大床とワイヤー矯正による矯正治療の症例③|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

拡大床とワイヤー矯正による矯正治療の症例③

拡大床とワイヤーによる非抜歯矯正の症例(20歳女性 期間1年3ヵ月)

▼一般的には難しい受け口骨格の開咬(前歯が噛んでない)を、拡大床によるスペース確保とGEAWワイヤーによる3次元矯正で大幅にワイヤー装着の期間減少となったケースをご紹介します。

ご来院時の歯列と矯正治療の詳細

こちらの患者さまは、下顎が前方に出ている受け口骨格、さらに前歯が噛み合わない開咬症状を主訴にご来院されました。初診時の口腔内は、歯の並ぶスペース不足、歯列の真ん中が合っていない、さらに、下の歯が内側に倒れ込んでいるという状態でした。

▼画像をクリックで拡大します。

ご来院時の歯列

年齢・性別 20歳女性
治療計画 最初に拡大床を用いて歯を並べるスペースを確保した後、GEAWワイヤーで3次元的に歯を並べる。
治療期間 1年3ヵ月(拡大床:3ヵ月、ワイヤー矯正:12ヵ月)
治療回数 約20回
治療費 1,050,000円(税別)
(拡大床上下20万円+成人矯正85万円、毎月の口腔内クリーニング代含む)
調整料 5,000円/毎月
想定されるリスク ・一般の矯正と同じく、後戻りや歯根吸収、虫歯など

①拡大床装置を装着

ワイヤー装置(0.12㎜)装着

拡大床装置を装着して、歯列と骨を拡大します。

②拡大床を約3ヵ月使用

ワイヤー装置(0.18㎜)装着

拡大床装置を装着して3ヵ月後の状態です。歯の重なりがなくなり、スペースが確保されました。

③ワイヤー装置(0.12㎜)を装着

GEAWワイヤーの装着

スペースが確保された後、0.12mmのストレートワイヤーを装着し、レベリング(歯の高さを揃える) 開始。

④ワイヤー装置(0.18㎜)を装着

顎間ゴムを装着

ワイヤー装置(0.18㎜)を装着して、おおまかに歯並び、歯の高さを合わせていきます。

⑤ゴムメタル(GEAW)ワイヤー装着

マリガンを用いて歯列の拡大

ゴムメタル(GEAW)ワイヤー装着して、歯を3次元的に動かします。さらに、開咬と真ん中のずれを改善するため、顎間ゴムの装着開始。

⑥真ん中のずれを改善

噛み合わせの調整

歯列の真ん中が合いました。

⑦開咬症状の改善

開咬と歯列の中心のズレを改善

前歯部分が噛み合い、隙間がなくなりました。

⑧矯正治療の完了

矯正治療の完了

歯並び・噛み合わせが改善されました。装置を外して、矯正治療の完了です。

⑨矯正治療後の保定処置

保定処置矯正治療後は後戻りを防止するため、リテーナーを装着して「保定処置」を行っていただきます。

保定処置を行うことで、綺麗な歯並び・適切な噛み合わせを長期的に維持していただくことができます。

矯正治療前後の比較

治療前

治療前

治療後

治療後

最初に顎骨を広げて上げることによって、ワイヤー矯正での歯の移動がスムーズに行うことができました。難症例でしたが、治療期間を大幅に減らすことができ、患者さまにも大変喜んでいただけました。

トップへ戻る