上顎前歯の骨造成を併用したインプラント治療症例|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

上顎前歯の骨造成を併用したインプラント治療症例

欠損した上顎前歯へ実施した骨造成を併用したインプラント治療の症例

▼欠損した上顎前歯をインプラントにて咬み合わせを回復した症例をご紹介します。

初診時の口腔内

初診時の口腔内

右上前歯を治療したいとの事でご来院された患者さまです。リスクを抑えたインプラント手術をご提供するため、精密検査を行い、その結果を基に治療計画を立てます。

骨を増やす手術の実施

骨を増やす手術~インプラント埋入手術の実施

当該部分は歯の欠損期間が長く、インプラント手術に必要な骨の厚みが足りなかったため、インプラント埋入手術の前に人工骨を用いて骨造成手術(骨を増やす処置)を実施しました。骨が再生するまで待機期間となります。

インプラント埋入・人工歯を装着して治療完了

インプラント埋入・人工歯を装着

十分な骨量が再生された後、精密検査の情報を基に製作したサージカルステント(インプラントの位置、角度などを反映したマウスピース)を用いてインプラントを埋入しました。

その後、インプラントと顎骨がしっかりと結合したのを確認後、製作したセラミックブリッジを装着して治療完了です。

年齢・性別 65歳男性
治療計画 骨を増やす手術後にインプラントで咬み合わせを回復。
治療期間 1年6ヵ月
治療回数 約20回
治療費 オペ代/3万円
インプラントフィクスチャー/36万円(18万円×2本)
チタンアバットメント/12万円(6万円×2本)
上部セラミックブリッジ/48万円(16万円×3本)
サージカルステント/4万円
増骨手術/15万円
計118万円(税別)
想定されるリスク ・手術した部分の腫れや痛み
・治癒期間中の不慮の事故によるインプラントの脱落(打撲、固いものをうっかり噛んだなど)
一時的な発音障害
・骨が計画通りに再生されない など

インプラント治療ページ>>

トップへ戻る