拡大床とワイヤー矯正による矯正治療の症例⑥|銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

新型コロナウィルス対策について

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

精密根管治療

審美治療

拡大床とワイヤー矯正による矯正治療の症例⑥

拡大床とワイヤーによる非抜歯矯正の症例(48歳男性 治療期間約2年)

▼拡大床とワイヤー矯正によって、歯並びの不正と歯ぎしり・食いしばりによる様々な症状を改善した症例をご紹介します。

ご来院時の歯列と矯正治療の詳細

初診時の口腔内です。歯列弓がV字型になっており、さらに歯の軸が内側に向いている状態です。

▼画像をクリックで拡大します。ご来院時の歯列

年齢・性別 48歳男性
治療計画 歯並びの不正と歯ぎしり・食いしばりにより、様々な症状が出ていたため、拡大床による口腔内スペースの拡大を行い、舌のポジション改善と正しい歯軸で、歯軋り・食いしばりしても影響の出ない噛み合わせを構築
治療期間 約2年
治療回数 約36回
治療費 1,050,000円(税別)(上下拡大床20万、ワイヤー矯正85万)
調整料 5,000円(税別)/毎月
想定されるリスク ・拡大床装着時の発音障害、後戻りや歯根吸収、虫歯、歯の移動中の痛みなど

拡大装置の装着

拡大装置の装着

上下顎に拡大装置を装着し、V字歯列弓をU字型にしていきます。

ワイヤー矯正装置の装着

ワイヤー矯正装置の装着

歯列を拡大した後、ワイヤー矯正装置を用いて3次元的に歯を動かし、理想の歯並びへと改善します。

矯正治療完了

矯正治療完了

矯正装置を外して、治療完了です。理想の歯並び・噛み合わせへと改善されました。

矯正治療前後の比較

矯正治療前後の比較

拡大床とワイヤー装置によって、V字型の歯列弓をU字型にすることで歯を抜かずに歯並び・噛み合わせを改善することができました。

トップへ戻る