親知らず抜歯が必要な症状|東京中央区銀座の歯医者・矯正歯科|銀座6丁目のぶデジタル歯科

マウスピース矯正

東京都中央区銀座6-9-6-8階【銀座駅1分/東京駅6分】

お問い合わせ・ご相談

銀座駅A2出口1分 GINZASIX前の歯科医院

03-3572-4618

※当院は自由診療専門の歯科医院になります

親知らず抜歯が必要な症状

投稿日:2019年5月10日

カテゴリ:スタッフブログ

親知らずが生えると抜かなければならない、と思っている方が多いのではないでしょうか。必ず抜くという事ではなく、抜いた方が良い場合があります。

今回は親知らずの抜歯が必要な症状をご紹介致します。

虫歯が大きい

親知らずの虫歯治療は奥まで器具が届きにくいため、治療後のお手入れも難しく再び虫歯になる事が多いので抜歯することがおすすめです。

きちんと生えていない

親知らずの向きが斜めで歯が部分的に歯茎に覆われている場合は、歯茎の周りや手前の歯との間に汚れが溜まりやすいため虫歯や歯周病の原因になります。また、横に向いて埋まっている場合は智歯周囲炎を引き起こしやすくなります。

歯茎の下に嚢胞ができている

顎の骨に埋まっている親知らずの周りに、レントゲン上で嚢胞という袋状の影が見られる場合、その後歯茎に腫れや痛みを生じる原因になります。

歯並びに悪影響

親知らずが手前の歯を押すことで歯並びに悪影響を及ぼす事があります。矯正を考えている場合、後戻りの原因にもなるので抜歯をお勧めします。

頬の粘膜、歯茎にダメージ

上下片方しか親知らずが生えていない場合、噛み合う相手がいないために歯が伸びてしまい、歯茎や頬の粘膜を噛みやすくなってしまい痛みの原因になります。          

当てはまる症状がありましたら、銀座6丁目のぶデジタル歯科までお気軽にご相談下さい。 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る